寮生のホンネが聞きたい!

なかなか想像できない寮での暮らし。
友達はすぐできる?規則は厳しい?4人部屋で勉強できる?部活やアルバイトは可能?
そんな気になる疑問を男子寮(希望寮)と女子寮(清温寮)の寮生4人にインタビュー。
寮のいいとこ、キツイとこ、共同生活の心構えなど、ホンネで語ってもらいました!

寮生インタビュー

寮に入った理由は?

Eくん
僕は旭川出身で、進学が決まったときに寮か一人暮らしか決めなきゃいけなかったんだけど、寮はなにより学校が近いのが魅力だった!一人暮らしでも不安…ということはなかったけど、やっぱり一緒に生活する人がいる方が楽しいと思う。大学生活最後になる来年も寮に残る予定。
Tくん
僕は出身が千葉で、北海道に来るにあたり、寮がある学校ということで酪農学園を選んだんだよね。高校卒業して急に一人暮らしをするよりは生活費も安いし、食事もしっかりしているのが良かった。結局僕も4年間お世話になることになりそう。
Fさん
敷地内に寮があるのは本当に便利!私の場合は、実家が愛媛ですごく遠いし、北海道での生活って全然想像がつかなかったから、両親も寮生活を望んでて…食事面やセキュリティ面の安心感も大きいし、住み心地が良いので、私も4年間寮に住む予定です。
Mさん
私は宮城出身で、地元は東北でも雪が少ない地域だったので、雪かきや暖房の光熱費を考えると寮の方が良いと思って寮に住むことにしました。
Eくん
光熱費は確かに、学寮費に組み込まれていて安心だよね。お金の管理がしやすいよね。
Mさん
そうそう、一人暮らしだとお風呂のお湯をためるのも、「もったいない」と思っていたかも。
Tくん
入寮前はやっぱり先輩や同部屋の子との関係が心配だった。でも、到着した日に先輩が迎えてくれて、寮を案内してくれて…すごく良い先輩だったので、そんな不安はすぐになくなったな。
Eくん
僕たちが入寮したときは、入寮後すぐに新入生の男女寮の交流会があって、仮装して参加したな。男女混合で話せる機会ってなかなかないので、すごく良いキッカケになった。
Mさん
私たちのときはコロナの関係で交流会がオンライン開催で、女子寮の1年生と男子寮の1年生で話しました。全然知り合いのいない状態で入寮したので、最初は大丈夫かな?と思ったけど、部屋の先輩の出身地が近かったり、コミュ力の高い同級生がいたりして、気づいたらどんどん交流の輪が広がっていったな。
Fさん
私は兄弟が多いので集団生活には慣れているつもりだったけど、先輩や同級生だと心配な面もあって、大丈夫かな?と思っていたら、同室の子がすごく積極的な子で、入寮して1時間後にはみんな仲良くなってました。
Tくん
そういうコミュ力のおばけみたいな子、寮だと1人はいるよね!
Fさん
女子寮は全体で200人いて、高校生と一緒に生活しているんだけど、ロビーや食堂は高校生と一緒に使っているので、高校生との交流を深められるのも寮ならではですね。寮に住んでいるとある程度のルールはあるけど、そのルールを守ることで、みんなが気持ちよく暮らせていると思います。体調が悪いときは寮母さんが休養室で看病してくれて、食事を持ってきてくれたり、病院に連れて行ってくれたりもします。看護師の資格を持っている寮母さんもいるので、安心してしっかり休むことができますね。
Mさん
寮の食事は朝夕毎日出るから、昼食だけ自分で考えれば大丈夫なのがうれしい。毎日自炊は大変そうだなって思います。昼食は、生協で買ったり、学食で食べたりしています。電子レンジや冷蔵庫は共有で使えるし、炊飯器を持っている子もいますね。部活動やサークルは、女子寮の中ではラクロス部と馬術部の人が多い気がします。朝早くから外出できるので、動物の世話で朝から出かけなくちゃいけないことがあっても大丈夫です。ちなみに私は学生支援センターで紹介されたバイトを期間限定で土日だけしてました。
Eくん
僕は観光牧場のアルバイトをしているんだけど、寮生で同じバイトしている子も多いよ。バイト先は長沼なんだけど、そこまで送迎があるんだ。男子寮だと寮のグループLINEがあって、その中で寮生がバイト募集したりしているよね。バイトしている子は半数くらいはいるんじゃないかな。男子寮は夜の1時半までは門が開いてるから、バイトも選択肢が広いよね。
Tくん
男子寮は毎日夕方から朝まで、宿直室で夜間の荷物受け取りや緊急時の連絡対応をする宿直担当があって、自分たちで寮を管理しているって感じが強いかな。春から夏は朝に、冬は夕方に牛乳を取りに行く牛乳当番があるんだけど、冬はソリに牛乳を乗せて運ぶんだよね。誰もいない学内で馬術部の馬とすれ違うこともあって、北海道ならではの風景だなー!って思う。自分たちで運んだ牛乳はすごくおいしいよね。
Fさん
なんといっても学校が近いのが1番!お昼も寮で食べたりできるし。それから先輩から色々話を聞けるので、資格取得に必要な授業や、ためになる授業もしっかり教えてもらえるのはすごく助かりました。
Tくん
先輩との繋がりができるのは大きいよね。寮だと部活やサークル以上に親しくなれる気がする。勉強のことだけでなく、プライベートなことも色々相談できるよね。
Eくん
学類またいで友達ができるのは寮ならではだなと思う。興味があることに対して、学類が違う友達とは違う視点から話ができたりするのはすごく楽しい。それと、食事が朝夕しっかり出るのも本当にありがたい!コロナの前はおかわりが完全に自由で、お腹いっぱい食べていた。これからそんな風に戻るかも。ハロウィンとかクリスマスには凝ったメニューが出てくるのも楽しみのひとつだよね。
Mさん
帰ったら誰かいるのはやっぱり安心です。それから冬でも部屋が暖かいっていうのもすごくうれしいことですね。一人暮らしの友達の家だと、けっこう寒かったりもするので。
Eくん
今はコロナもあって、大勢で集まってわいわいっていうのはないけれど、それでも3~4人で集まったりして、食材交換したりしているよね。自分で育てた羊を持ってくる人がいたり。コストコで大量買いしたものを分けたりとか。釣りが趣味の先輩がいて、突然朝釣りから帰ってきて、魚をさばくことになったりとかもあったよね。ほかにも果物や服などもらいものは多いよね。
Tくん
部屋を行き来することはすごく多いね。寝るとき以外はだいたいどこか友達の部屋にいるかも。長い休みの後はいろんな地方のお土産が集まって楽しい。
Mさん
いろんな地方のお土産が集まって楽しいのは女子寮も一緒。通販で買おうかなと思うくらい美味しいものに出会えることもありますね。
Fさん
誕生日には仲良しの子で祝ったり、ごはんを一緒に食べに行ったり、長期休みには札幌に遊びに行ったり、寮だと車がないので行けるところは限られてしまうし、さらにコロナ禍で制限はあるけど、その中でも友達と楽しめることってたくさんあるなと思います。
Tくん
食堂では座席にアクリル板が置かれていたり、座席数を調整したりして、密にならない配慮がされているよね。カレーや味噌汁なんかを注ぐときは、ビニール手袋も準備されている。マスクはもちろん必須だね。
Eくん
寮母さんが各部屋のドアノブを消毒して回ってくれて、さらに「換気の時間」にはアナウンスもしてくれる。触ることが多い箇所にはアルコールも設置されているから安心だよね。ただ、大勢で集まる集会は今はできないので、寮内の委員会などの集まりは各階ごとに分かれて行っています。
Mさん
私たちが入寮した2年前は食堂はひとつの机に6人座れたけど、今は1人でしか座れなくなってるね。どんどん対策が強化されてきたなって感じます。
Fさん
高校生と食事スペースを分けるようにもなったよね。あとは、いつも窓が開いていて、常に換気されています。
Eくん
去年はオンライン授業が多かったけど、寮ではWiFiも整備されてるのでオンライン授業も対応可能。コロナ濃厚接触者になってしまった人はいて、その人はしっかり隔離できるようになっている。集団生活だからこそ、毎日の生活でもコロナ対策を忘れない。他人のことを考えられるようになったなって思う。
Fさん
家だとお風呂の時間やごはんの時間が決まっていなかったので、好きな時間で使っていたけど、寮ではしっかり時間が決まっているので正しい生活習慣で過ごせるようになったと思う。それと、先輩や寮母さんと関わることで、大人の人との関わり方を学ぶことができました。
Mさん
私はエクセルやワードを使って寮の資料を作ったりもするので資料作りが得意になりました。レポートとはちょっと違うかなと思う。タイピングも早くなったかも。
Eくん
いろんな人と関わる練習になったと思う。寮で過ごしているのは出身も学年も年齢も違う人たちで、個性が沢山!そんな人達と年がら年中一緒にいるのはなかなかない体験だなって思う。人によってどんな対応をするのが良いか、学ぶことができていると思う。
Tくん
礼儀や世渡り術、人と関わることで学ぶことが多いかな。一人暮らしだったら先輩と一緒にいるということもなかったし。相手のことを考えること、人前に出て見られることはある程度気にしないでいられるようになった。
Eくん
寮は集団生活の場なので、良いことも悪いことも1日の中でたくさん起こります。何もない生活よりも大学生活が楽しいものになるので、ぜひ入寮して一緒に生活しましょう!
Tくん
寮には優しい先輩がたくさんいて、安心して生活できる環境が整っているので、何も怖がることなく、ぜひ一緒に過ごしましょう!
Fさん
入寮前はみんな不安なことばかりだと思うし、入ってからホームシックになる子もいるけれど、先輩や同級生が支えになってくれるので、その人たちに頼りながら楽しく過ごしていきましょう。
Mさん
寮では遠いところでは種子島、北海道内でもたくさんの地域から来た人が過ごしています。話が合う人が必ずいるので、緊張せずに入寮してください!