Undergraduate School International Student Application Guidelines

Application Eligibility (Application documents will only be issued to those whose identification reference and expense plan have been confirmed in advance.)

Those who meet all of the following requirements in [1] and satisfy all of the conditions of [2]
[1] Applicants shall meet all of the following requirements.
  1. Persons who possess foreign nationality and have completed 12 years of regular schooling in a foreign country (including those who expect to graduate this year), or persons designated as having the equivalent by the Minister of Education, Culture, Sports, Science and Technology (excluding persons who have graduated from a high school in Japan, even if they possess foreign nationality);
  2. Persons who have a reliable guarantor with Japanese nationality residing in Japan (the guarantor shall be a financially independent mentor who can assume full responsibility for the applicant’s school fees and personal problems); and
  3. Persons who have acquired or are supposed to acquire an “exchange student” status of residence as prescribed in the Immigration Control and Refugee Recognition Act.
[2] Applicants shall satisfy all of the following conditions
Department of Sustainable Agriculture/ Department of Food Science and Human Wellness/ National Registered Dietitian Course/Department of Environmental Sciences/Department of Veterinary Science
  1. Persons who have taken the Japanese Language Test (listening/listening and reading/reading) of the Examination for Japanese University Admission for International Students conducted by the Japan Student Services Organization (an independent administrative institution) and have achieved a specified test score level (an average score or higher), or persons who are deemed to be proficient in Japanese. The National Registered Dietitian Course accepts applicants as a course, not as a department.
Department of Veterinary Medicine
  1. Persons who have taken all of the following subjects of the Examination for Japanese University Admission for International Students conducted by the Japan Student Services Organization (an independent administrative institution) and have achieved a specified test score level (an average score or higher). Japanese (listening/listening and reading/reading), math (course 2) and science (biology or chemistry) *Applicants may take the Examination for Japanese University Admission for International Students in Japanese or English.
  2. Persons who can submit TOEFL scores after taking either a paper-based or computer-based test.
Steps to enrollment (1) Confirmation of application eligibility ▸ (2) Submission of application documents ▸ (3) Screening test ▸ (4) Notification of acceptance or rejection ▸ (5) Enrollment procedure ▸ (6) Enrollment The university does not have a special curriculum for international students. Please note that all regular courses and other activities offered by the university are the same as those for Japanese students.

Documents necessary for confirmation of application eligibility

The following documents must be submitted by December 9 (Fri.), 2022. Application forms will only be sent to applicants whose application eligibility has been confirmed. The following documents can also be downloaded from the website of Rakuno Gakuen University.
  1. Resume of the applicant
  2. Letter of guarantee (filled in by a guarantor with Japanese nationality residing in Japan)
  3. Grade report of the Examination for Japanese University Admission for International Students (a copy will suffice)
  4. Expense plan
  5. Copies of deposit balance statements (for the applicant and guarantor (tuition payer))
  6. Annual income certificate and residence certificate of the guarantor

外国人留学生入学試験

出願資格事前に身元保証、経費計画などの確認がとれた者にのみ願書を渡します

下記に掲げる(1)の要件をすべて満たし、(2)のすべてに該当している者
(1)以下の要件をすべて満たすこと
  1. 外国の国籍を有する者で、日本以外の国で通常の課程による12年の学校教育を修了した者(本年度修了見込みの者を含む)。または、これに準ずる者(外国の国籍を有する者であっても、日本国内の高等学校等を卒業した者は除く)で、文部科学大臣の指定した者
  2. 日本の国籍を有し、日本国内に居住する確実な身元保証人がいること(保証人は、一家計を立てる成年者で、志願者の学費と一身上に関する一切の責任を負うことのできる者に限る)
  3. 「出入国管理及び難民認定法」に定める在留資格の「留学」を取得済み、もしくは取得可能な者
(2)以下のすべてに該当していること
循環農学類・食と健康学類・管理栄養士コース・環境共生学類・獣医保健看護学類
  1. 独立行政法人日本学生支援機構が行う「日本留学試験」の「日本語(聴解、聴読解、読解)」を受験し、一定の水準(平均点以上)に達した者、または日本語の素養を十分身につけていることが証明される者
    管理栄養士コースは「コース」での募集となります。
獣医学類
  1. 独立行政法人日本学生支援機構が行う「日本留学試験」の、下記のすべての科目を受験し、一定の水準(平均点以上)に達した者
    「日本語(聴解、聴読解、読解及び記述)」、数学(コース2)、理科1科目(生物または化学)
    ※日本留学試験の出題言語は日本語または英語のいずれで受験してもよい。
  2. TOEFLペーパーテストまたはコンピュータテストを受験し、スコアを提出することができる者
本学は、留学生対象の特別な教育課程を有しておりません。通常の講義等は日本人学生とすべて同様に行われますので留意してください。
入学までの流れ ➀出願資格の有無の確認 ➝ ②出願書類の提出 ➝ ③選考試験 ➝ ④合否通知の発行 ➝ ⑤入学手続 ➝ ⑥入学

受験資格確認のために必要な書類

下記の書類を2022年12月9日(金)までに提出いただき、出願資格の確認がとれた方にのみ、願書を送付します。 本学所定用紙は、酪農学園大学受験生サイトでダウンロードする事が可能です。
  1. 入学志願者履歴書 ※本学所定用紙
  2. 日本語能力に関する証明書(日本留学試験の成績表のコピー)
  3. 身元保証書(日本国籍を有し、国内に居住する身元保証人が記入)※本学所定用紙
  4. 身元保証人の年収証明(市区町村役場で発行された直近の所得証明書 /3 ヵ月以内のもの)
  5. 身元保証人の住民票(市区町村役場で発行された 3 ヵ月以内のもの)
  6. 経費計画書 ※本学所定用紙
  7. 本人・身元保証人(学費負担者)の預貯金残高証明書のコピー

【出願資格の確認がとれた方が提出する出願書類】
入学志願書、高等学校の卒業(修了)証明書(日本語の翻訳を添付)、高等学校の成績証明書(日本語の翻訳を添付)、日本語学校の調査書(該当者のみ)、健康診断書、在留カードのコピー、同意書、TOEFLスコアレポート(獣医学類出願者のみ)

試験日程

学類・コース
全学類・コース
出願期間
2023年1月6日(金)〜1月16日(月)
(当日必着)
試験日 2023年2月4日(土)
試験地 本学
合格発表日 2023年2月15日(水)
入学手続締切日
2023年2月24日(金)
(当日必着)

選抜方法

小論文 点数:100
60分800字、テーマの把握、論旨の展開、論証・文章量・誤字脱字・まとめ
面接 点数:100
5〜10分程度、志望動機・目標設定・勉学への意欲・言動・態度等
合計 点数:200

過去5年間の小論文課題

年度 学類 小論文課題
2022年度 ※志願者なし
2021年度 獣医学類 獣医師に求められる社会的ニーズと果たすべき責任について、日本語800字以内で述べなさい
2020年度 獣医学類 日本で獣医学を学ぶ意義について
2019年度 食と健康学類 和食(日本の伝統的な食品)の特徴について
獣医保健看護学類 獣医療において動物看護師と獣医師がいかに協力して治療に当たることができるかは非常に重要である。
その役割分担について例をあげながらあなたの考えを述べなさい。
2018年度 食と健康学類 自国を代表する食品あるいは食材の良い面と悪い面について
獣医学類 国際社会における理想的な獣医師とはどのようなものか、日本語800字以内 で述べなさい

過去5年間の試験結果

年度 学類 志願者 受験者 合格者 入学者
総数 内女子 総数 内女子 総数 内女子 総数 内女子
2022年度 ※志願者なし
2021年度 獣医学類 1 1 1 1 1 1 1 1
2020年度 獣医学類 1 1 1 1 0 0 0 0
2019年度 食と健康学類 1 0 1 0 1 0 1 0
獣医保健看護学類 2 1 2 1 1 0 1 0
2018年度 食と健康学類 2 2 2 2 2 2 2 2
獣医学類 1 1 1 1 1 1 1 1

アルバイトについて

本学では外国人留学生の方の資格外活動(アルバイト)につきましては、入学から3ヵ月以上経過しなければ許可できません。

大学院 Graduate School